名古屋のワンランク上のリフォーム・注文住宅はギャラリーユーアイ(ユーアイファクトリー)

  • TOP
  • ブログ・コラム

2018.02.24 【ただいま工事中】 【現場から】

もぐもぐタイム時に一緒にお茶をすする人 ~春日井市K様増築改装工事~

施工管理 新田 徹

こんにちは、

オリンピックの時だけミーハーになる新田です。

 

平昌五輪。皆さんも観て応援していますか?

もう残すところわずかではあるんですけど、日本勢すごいですよね。

冬季オリンピックでは史上最多のメダル数、リアルタイムでは観ることはできなかったのですが、フィギュアスケートの羽生選手はじめ、我らが愛知出身、宇野昌磨選手とのワンツーフィニッシュは鳥肌が立ちました。

その後の2人の、どちらかと言えば宇野選手のコメントも秀逸で笑えました。

スピードスケートはもうやばかったですね。

小平選手の500mでの滑り、女子パシュートの抜群の連携、メダル確定した瞬間泣いちゃいますよ。というか選手が泣いてるの観るともらい泣きして、一青窈が頭の中でリピートされるんですが、誰かわかる人いますか?(共感できたらそだねーください)

 

 

さて、もっと語りたいとこではありますがこれぐらいにして、後半に入る前にもぐもぐタイム挟んで、今進んでる工事を見ていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

いちご美味しそう、、

 

 

 

 

 

ただいま春日井市にある運送会社の事務所に、トイレの増築をしております。

個室を2つと、中の既設のトイレも改築中です。

増築にて気をつけなければいけないのが、地面(GL)の勾配や、隣接する外壁の垂直水平を見て、壁からどれぐらい離したところに建てるか、窓やヒサシとの取り合い等、1から考えて造るのは、なにかと神経を使います。

 

 

①給排水配管工事

 

位置が決まったら、まずは給排水管の新設工事です。

 

アスファルトを取って、既設の配管から新規で立ち上げます。

 

 

大便器用と小便器用の配管ですが、取り付け寸法位置がシビア(多少でもずれると設置が困難)であるため、大体の位置に出しておいて、後でモルタル補修できるように、型枠を組んでもらいます。

 

 

 

②ブロック基礎工事

 

次にブロック基礎工事です。

 

基準を決めて、ブロックを置いていきます。

地面から湿気が上がらないように防湿シートを張ります。

 

 

中はモルタルを流して、水平になるよう均します。

 

 

乾いたら給排水配管の位置を正確に出して、モルタル補修をします。

 

 

③造作・建方工事

 

モルタルが乾ききったので、これから大工工事に入ります。

 

 

まずは土台をボルトで固定して、柱を立てていきます。

梁を乗せ、垂直水平を見ながら柱と繋ぎます。

 

 

一寸勾配で垂木を通し、上にベニヤを伏せていきます。

軒は極力出さないようにしたいため、正面のみ屋根が伸びている形になります。

 

 

 

壁にベニヤを貼ります。

ここまできたら、イメージしやすいですね。完成が楽しみです。

 

 

今回はここまでにしておきます。

次載せる時は完成まで見せようと思いますので、次回もよろしくお願いします。

 

 

 

それでは、

いつも笑顔を絶やさずに、にっこにっこにー

新田でしたー(元ネタはよく知らない)。

Copyright (c) 名古屋・長久手市の注文住宅・リフォームならGALLERY YOU I(ギャラリーユーアイ)All rights reserved.